家計の出費を年間約30万円削減して予算を増やした方法

家族が増えると月額の予算内で自分のために使えるお金は年々減ってる気がします。そのため、自分の趣味のために使える予算を捻出するには「収入を増やす」か「支出を減らす」というのが解決策となりますが、今回は「支出を減らす」という視点でのノウハウをまとめてみました。

マスター世代の柔術家の方々の参考になりますと幸いです。

削減しやすい家計の出費について

家計の出費には「契約によって金額が固定されたもの」と「使わなければ出費が減るもの」がありますが、以下が削減しやすい出費だと思います。

金額が固定されたもの

  • 住宅費
  • 各種保険
  • インターネット接続料
  • 各種サブスクリプション

削減方法

プランの見直し・解約

使わなければ減るもの

  • 食費
  • 光熱費
  • 被服費
  • スマホ通信費

削減方法

節約・契約見直し

住宅費の節約

持ち家であれば住宅ローンの借り換え。賃貸であれば、家賃の安いところに引っ越すという手段があります。

各種保険の見直し

生命保険・入院保険・学資保険・自動車保険・地震保険などなど色々な保険がありますが、ライフステージに応じて必要なくなる保険や、過剰な保障プランのものがでてくるので、年齢や生活スタイルが変わるタイミングで定期的に見直します。

インターネット接続料

私はそれほど通信速度にこだわりがなかったので、節約のために月額1800円のADSL回線をずっと使っていましたが、リモートワークが増えて必要性を感じたので光回線を契約。KURO光が速くてお得だったので契約をしました。おかげで道場で撮影したテクニックやスパー動画のダウンロード時間が早くなりました。

各種サブスプリクション

いろいろなネットサービスやアプリなどの、いわゆる「サブスク」は機能が被っていたり使用頻度が高くないものは思い切って解約します。たまに棚卸をすると良いと思います。私の場合、買い物や動画サービスなどで利用する「Amazonプライム会員」と仕事で使う「Microsoft 365」の2つに絞ってます。

食費・光熱費・被服費

食べることに関しては、健康に直結するのであまり節約していません。光熱費は電気代を電力自由化に伴いNUROでんきに変更しました。これで年間で1万円くらいの節約ができそうです。

あと、被服費は着回しやコーディネートが上達すると、自分に必要なものをピンポイントで買い足すようになるのであまりかからなくなります。柔術と同じで「いま何が必要なのか」を常に把握しておくと無駄な買い物を減らせます。

最も手軽でパフォーマンスが高いのは通信費の節約

近年急激に増えた固定支出に「通信費」があります。ガラケー時代は家族1人あたり月額約4000円くらいでしたが、スマートフォンのドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアでの月額利用料は平均で1人あたり約8000円に増えています。

私は高額な利用料を避けるために、ガラケーからスマートフォンに切り替える際にBIGLOBEモバイルの格安SIMを選択したのですが、通信量は3ギガにしたので月額利用料が1600円。家族との音声通話はLINEで充分だし、仕事でのやりとりはメールかSlack・Zoom・Skypeなどのオンラインツールが中心。知人・友人とのやりとりはSNSのメッセージ機能を使うことが多いので通話料はほとんどかかりません。あと、大きなデータのダウンロードはなるべく自宅のWifi環境でおこなうようにしているので月額で2,000円を超えることはほとんどありません。

さらに家族もみんな格安SIMにしているので、スマホ4台+タブレット1台の月額の通信費は約10,000円くらい。大手キャリアだとスマホ4台で平均32,000円くらいなので、32,000円 – 10,000円 = 22,000円 の節約。年間にすると約27万円の節約となります。

柔術家がBIGLOBEモバイルを選ぶメリットは、エンタメフリー・オプションにあると思います。月額480円を追加することで、YouTube動画をどれだけ見ても通信量は0ギガバイト。スマホで試合やテクニック動画をいくら見ても全く心配なしというメリットがあります。ちなみに仕事や打ち合わせで重宝しているiPad ProはシェアSIMで利用しているので通信費がたったの月額200円。これも大変お得です。

まとめ

食費や光熱費などで月額1万円を節約するのはかなり大変なことですが、通信費は工夫次第で毎月大幅に減らすことができます。格安SIMは初期設定も説明書通りにやれば意外と簡単なので、ぜひトライしてみることをオススメします。

デメリットとしては、昼や夕方などの利用者が集中する時間帯に速度が落ちること。あとは「LINEのID検索が使えない(LINEモバイルを除く)」などですが、私の生活スタイルだと全く問題ないです。

よろしければフォローをお願いします!