柔術メディアの人気サイトを、現役Webディレクターが本気で解析

ブラジリアン柔術に関するメディアサイトの運営は難易度がとても高いです。なぜなら、日本国内の競技人口が約3万人と言われていますが、他の競技と比較すると柔道の20分の1、水泳と比べると400分の1という規模だからです。

政府統計によると水泳の競技人口が1200万人。ジョギング・マラソンは1000万人。ゴルフ 900万人、野球 800万人、サッカー 600万人、テニス 500万人、剣道 80万人、柔道 60万人とされています。

出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(http://www.e-stat.go.jp/

そんな国内市場において超ニッチな柔術の情報メディアとして活躍しているWebサイトを、私の知ってる範疇でピックアップして特色や強みを解析してみました。これから柔術を始めてみようとしている方や、柔術メディアをこれから運用してみようと考えている方の参考になりますと幸いです。

※ 記事内の数値は競合サイトデータ解析ツール(プロ用)の2019年9月のアクセス解析結果から予測

※柔術と関係のないアフェリエイト商品紹介で大半のアクセスを稼いでいるサイトは比較対象外にしています

柔術ニュースブログ

柔術のニュースを中心で扱うニュースメディアブログです。

ブラジリアン柔術ニュースブログ

2007年2月開設。ブラジリアン柔術&グラップリング専門のフリーライター・橋本欽也さんによる最新ニュース、大会レポート、コラム、海外情報などを紹介するブログ。

おそらく月間UU 3万人くらい。国内の柔術人口が約3万人であることを考慮すると、これはもう圧倒的な数字。国内柔術メディアのなかでは突出した存在だと思います。

UU(ユニークユーザー)とは = 特定の期間内にサイトを訪れたユーザーの数を表す指標のこと。期間内であれば、同じユーザーが何度サイトを訪問してもUU数は1となります。

AIアナリストブログより引用

伯柔記

2014年6月開設。伯柔記は匿名の個人ブログですが、柔術の大会情報や柔術界への問題提起など、ちょっと深く切り込んだことがテーマになっているのでニュースメディアに分類しました。前述の橋本欽也さんがメインMCを務めるYouTube番組で話題にされたりすることもあります。個人向けのlivedoorブログで運用されているので月間UUなどは不明。

柔術ブログ

個人の「柔術ブログ」は国内にかなりの数ありますが、だいたいのブログが月間UUが1000人以下で半年から1年以内に更新がストップして消えていきます。柔術をテーマにしていると、その情報を必要とする人の数が少ないので月間UUで2000人を超えるのも至難の技だからです。

以下で紹介する5つのブログは、そんな厳しい環境の中でも月間UUが3000〜10000人くらいのレベルにある人気サイトです。

柔術B

2016年3月頃に開設。管理人さんは海外でも多数の練習経験がある柔術の黒帯。初心者に向けた柔術の心構えやこぼれ話などのノウハウ系コンテンツのブログ。柔術に関しての情報量が多いのでキーワード検索からの流入がとても多いようです。

記事の品質が非常に高くて分かりやすく、初心者向けノウハウ系コンテンツでこのブログを超える存在は当分あらわれないと思います。おそらく月間UUは4000〜6000人くらい。更新頻度は月に1回程度で、SNSの更新にもあまり力を入れていないけど安定してサイト集客できている省エネ運用。黒帯の知恵や経験値という強みを活かして、無理なくローコストで長続きする理想的な運用方針だと思います。

三角絞め研究所

2016年09月開設。34歳で柔術にハマって世界大会にも出てしまったトライフォース所属のtaikiさんが運営。自らの試合の反省会やテクニックの解説、World Masterの参戦レポート、有名選手へのインタビュー、経営コンサルタント視点を活かしたユニークな柔術理論などのエンタメ系ブログ。柔術を面白おかしくエンターテイメント化して、自分の得意技やロジックまで公表しながら高頻度で試合にも出るという運用スタイルのパイオニア。

Twitterのフォロアー数がとても多くて人気があり、SNSからの流入に強みがあります。おそらく月間UUは4000〜6000人くらいではないかと思います。

Let’s BJJ

2014年9月開設。トライフォース所属の藤原さんが運営。初心者向けの記事から、有名黒帯選手のテクニック動画やインタビューコンテンツなど、幅広い層に向けたエンタメ系ブログ。柔術をやっている日本人は青木真也選手しか知らなかった私が、国内の個性的な柔術家の面々を知るきっかけとなったサイトです。初心者向けの記事も、ほとんど全て読んだ気がします。

おそらく月間UUは2000〜3000人くらい。現在はあまりブログの記事に注力せず、有名黒帯選手のテクニック動画制作に力を入れているのかもしれません。

Acai Cafe

2005年8月開設。南カリフォルニア在住のmariaさんによる、現地の柔術情報を配信している老舗ブログ。長く運用されているので過去記事に、海外の柔術情報が日本語で盛りだくさんなのが強み。おそらく月間UUは4000〜6000人くらい。2019年2月で更新が止まっていてオンラインストアも休業中の様子。なにかトラブルでもあったのでしょうか。。。

TuneLog

2016年10月開設。管理人はtunetomo(私)。自分の人生で経験したことや工夫したことなどを記事にして残そうという目的でスタートするも、柔術の記事が多くなりすぎて柔術メディアと認識されるようになったブログ。月間UUは現在4000〜6000人くらい。

SNSのフォロアー数が少ないので柔術界での知名度は低めですが、さまざまな経験から独自の視点で柔術関連の話題を幅広く記事にしているので、キーワード検索からの流入に強みがあります。試合やセミナーで知り合った人たちや道場仲間の白帯・青帯が更新を楽しみにしてくれていることもあり、他の人気サイトと同等のアクセス数になっているようです。

2019年9月のサイト訪問者数は、人気5サイトの中でもTuneLogがトップ!

柔術メディア

柔術新聞

2009年7月開設。国内柔術メディアのパイオニア的存在。テクニックDVDをリリースしたり柔術新聞の名前を冠した大会があったりと、現在も業界内で影響力のある柔術メディアです。近年はSNS中心の活動となってブログにはあまり力を入れていない様子で、月間UUも1000〜1500人くらいと思われます。

BJJチャンネル

YouTubeチャンネルやメールマガジン・ブログなどでも柔術テクニック情報などを発信していて、大会や選手のスポンサーまでされているBJJチャンネルさんも、柔術メディアと呼んでもいいと思います。オンラインショップの道着やDVDの品揃えが素晴らしく、いつも大変お世話になっています。

有名選手による柔術ブログ

国内の有名選手による柔術ブログはいくつかありますが、とても「面白い」と話題になったのは以下2つのブログです。

Island BJJ Basecamp Ishigaki

2017年5月開設。元トライフォース秋葉原代表 渡辺直由さんのブログ。格闘技や柔術仲間との交流を綴った個人史の連載が人気で、2018年にすごく話題となりました。

CARPE DIEM BJJ 岩崎正寛の独り言

2018年12月開設。カルペディウム所属 岩崎正寛選手のブログ。2019年4月まで爆発的なペースで過去のユニークな思い出や柔術に関する考察を公開して一気に注目ブログとなりました。

まとめ

いろいろとWebサイトを紹介しましたが、柔術メディアサイトは「これから柔術を始めてみようかな?」と検討している人や柔術の初心者にとって、柔術の魅力を知るきっかけや接点となる役割も担っているので、そういう視点での運用も心がけたいなと思いました。

中井祐樹の新バイタル柔術

中井祐樹の新バイタル柔術書籍

作者中井 祐樹

発行株式会社 日貿出版社

発売日2018年11月2日

カテゴリー単行本

ページ数399

ISBN4817060255

Supported by amazon Product Advertising API

白帯・青帯に関する記事