基本情報

名前tunetomo
年齢Master4
ブラジリアン柔術 青帯/柔道 黒帯
身長174cm
体重68kg
階級フェザー級
主な戦績白帯カーニバル61 フェザー級 優勝(2018年)

ブラジリアン柔術を始めるまでは、5年ほど不整脈の治療を優先していたためほとんど運動ができず、大学時代のベスト体重に戻すために一念発起。小学生の頃から嗜んできた武道系の練習と、食事の量・質・タイミングの自己管理により2年間で-16kgの減量に成功しました。

武道経験について

柔道、相撲、日本拳法、沖縄空手、ボクシング、キックボクシング、ジークンドー 、そしてブラジリアン柔術の経験があります。柔道とブラジリアン柔術以外は、ほとんどが1年くらい練習に参加していた程度で、試合に出られるほどのレベルではありません。

小学校〜高校まで

父親(柔道三段)の勧めで小学生の頃から柔道の道場に通っており、中学・高校も柔道部。父親の転勤で柔道部がない中学に転校したため中学2〜3年は相撲部に所属しながら、公民館の柔道クラブで週1回練習。しかし、この2年間のブランクが大きくて、高校時代はほぼ公式試合に出ることなく卒業。指導者不在で生徒の自主性まかせの部活動だったので、小・中学時代よりも20cm近く身長が伸びたことによる得意技の入り方の調整と、中学から使用解禁となっていた技への対応で遅れをとってしまい頭角をあらわせず。今の世の中のようにインターネットを利用して技術情報が簡単に手に入れば、もっと違う結果だったかもしれません。

大学時代

大学では日本拳法部に入部して打撃系の技を経験するも、理不尽な体育会系の気質があわず1年で退部。その後、部活をやめてからも継続していたトレーニングジムで知り合った柔道の社会人選手の紹介で京都府警が運営している町道場へ。そこは京都府警の柔道部の方たち、社会人や高校生、時にはオリンピックの強化指定選手などが楽しく教え合いながら練習をする環境で、あらためて柔道の面白さに気づき、ここの先生たちのような生涯を過ごしたいと思い警察官を志すが、残念ながらその思いは叶わず就職で東京へ。

社会人になってから

社会人になってからは転勤が多かったこともあり、近くに通える道場があれば練習させてもらうというスタイルで、打撃系の格闘技をいろいろと経験。なかでも自分の打・倒・極での技術が活きるジークンドーはすごく面白かったのですが、健康診断で心房細動と診断されたことなどもあって継続を断念。その後は治療に専念して、5年間で3度の心臓カテーテル・アブレーション手術を受け、現在は完治しております。

心房細動の完治後

完治後は「家族に試合している姿を見せたい」という気持ちが強くなり、治療で運動ができず増えてしまった体重を適性値に戻すという目的も兼ねて「ブラジリアン柔術」の稽古に励んでいます。
キャリアから考えると総合格闘技にも対応できそうなのですが、打撃系の試合は大怪我で家族に心配をかけてしまうと判断。ジークンドー には稽古はあっても試合がないため、組み技・極め技のみで安全かつ、年代別で試合があるブラジリアン柔術を選びました。
また、ブラジリアン柔術の試合で勝つために久しぶりに「柔道」の練習にも参加しています。

Webデザイナーとしての経歴

京都府警への就職を断念した後、学生時代ずっと美術が得意だったこともあって、自分の強みである色彩感覚を活かしてアパレル関係の会社に就職。7年ほど勤めたのち、広告系のデザイナーに転職。その後、時代の流れからWebデザインに専念することになって今に至ります。

  • 2002年 宣伝会議 アートディレクター養成講座(ARTS) 修了
  • 2008年 テレビ朝日「大胆!お仕事年収図鑑 転職世代に聞いた再就職したい仕事ベスト20」にWebディレクターとして出演
  • 現在はWordPressAWSでの開発に強みを持つシステムエンジニアリングの会社に在籍。Webディレクションやデザイン・フロントエンド開発などを担当

WordPressへの貢献

Capital PというWordPress日本語コミュニティの面々が執筆するメディアのイメージキャラクター(コーギー)をデザインしました。